TOP > ルネスタは通販で買える!

ルネスタの効果・副作用

アモバンの改良薬

ルネスタの各種パッケージ

不眠症治療に利用される睡眠薬の中でも非常に多くの人が利用している「アモバン」という薬があります。この薬を利用して不眠症を治療したいと思ったときには、病院に行って診察を受け、その上で処方して貰う必要があります。

多くの人は病院に行くことに対して抵抗はないと思いますが、人によっては様々な事情によって病院に行きたくても行けない、という人もいると思います。

もしそのような人がアモバンを利用して不眠症の症状を治療したい、という風に思った時はどのようにすればいいのか……その答えは非常に簡単です。

その時は「ルネスタ」と呼ばれる医薬品を利用すれば良いのです。

このルネスタというのは、アモバンをベースに開発された睡眠薬で、アモバン内部に存在している特定の成分だけを抽出して作られたのがルネスタです。

なので、服用した際の効果はアモバンと非常に似ているのですが、アモバンの持つ非常に嫌な点である「苦い」という部分を大幅に軽減することが出来ているのです。

なので、アモバンを服用したいけれども病院に行くことが出来ない、という人だけではなく、普段からアモバンを服用していて、苦味に対して非常に強い嫌悪感を持っているのであれば、ルネスタを使用してみるのも良いかもしれませんね。

眠りに特化した薬

ルネスタのシート

ルネスタはアモバンを改良して作られた睡眠薬のため、服用した際の効果というのは非常によく似ています。

ですが、一部特有の効果というのも存在しています。

ルネスタは服用後約10分から15分程度で効果が現れ始めます。

そして薬効が最も強く現れる最高血中濃度到達時間も1時間から1時間半で到達する為、超短時間型睡眠薬、と呼ばれる部類の睡眠薬になります。

そして、薬効が半減する「半減期」と呼ばれる時期に到達するまで「5~6時間」程時間がかかる為、ルネスタは入眠障害だけでなく「中途覚醒」と呼ばれる「夜に何度も目が覚める」という不眠症も治療することが出来るのです。

また、ルネスタはアモバンと同じように「非ベンゾジアゼピン系」と呼ばれるタイプの睡眠薬のため、服用後非常にスムーズに眠りにつくことができ、通常のベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比べても服用後の依存性が非常に低いという特徴があります。

なので、継続して投薬治療を行っていた後、減薬という「薬の服用量を減らす」期間に入った際も、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬よりもスムーズに減薬に突入し、服用をやめることが出来るのです。

寝る直前に服用しよう

ルネスタを服用する女性

ルネスタを実際に服用する際、用法用量を守って服用するというのは非常に大切なことです。

ですが、それ以外に注意しないといけない点として「必ず眠る直前に飲む」という点があります。

通常の睡眠薬の場合、服用後20分から30分程で徐々に薬が効き始めてくるため、薬を服用してから若干の時間的猶予があります。

ですが、ルネスタの場合は服用後10分から15分程度で眠気がやってくる為、眠る準備をしっかりと済ませ、後は薬を飲んで眠るだけ……という状況を作っておかないと、眠る準備をしている最中に眠気に襲われ、足を滑らせて転んでしまう、我慢しきれず布団以外の場所で倒れて寝てしまう……ということも起こり得るのです。

また、ルネスタはアモバンの副作用の中でも特に多くの人が「どうにかして欲しい」と言っていた「非常に強い苦味」を軽減させることが出来ています。

ですが、それでも完全に苦味を取り除けているわけではなく、服用後の唾液を飲み込むと口の中全体に非常に苦い味が広がってしまう、ということはあるので、服用した翌日に口の中の苦味を取り除くための水なども睡眠の準備を行う際に同時に用意しておいても良いでしょう。

海外から取り寄せよう

スマホで購入する男

ルネスタのベースとなったアモバンという睡眠薬を日本国内で使用しようと思った場合、まずは病院に行って診察を受けて処方箋をもらい、その後アモバンを処方して貰う必要があります。

その理由として、睡眠薬自体が服用方法や服用量などを誤ってしまうと危険な薬だから、という理由がありますが、それ以外にも内部成分である「ゾピクロン」という成分が原因でアモバンが「第三種向精神薬」という扱いを受けているから、という理由もあります。

この第三種向精神薬と言うものに指定されてしまうと、病院で処方箋をもらって処方してもらう以外の方法、例えば「個人輸入代行」というサービスを利用した、薬の通販サイトを利用してアモバンを購入した場合、薬事法などの様々な法律によって罰せられてしまうのです。

では、ルネスタはどうなのかというと、実はルネスタは「個人輸入代行を利用して購入しても罰せられない」のです。

その理由として、ルネスタに使用している成分とアモバンに使用している成分が全く違うものだから、という理由があります。

ルネスタの主成分というのは「エスゾピクロン」という物で、アモバンに含まれているゾピクロンを基に開発されました。同じような薬効はありますが、成分自体は全く違う物なのです。

なので、アモバンを利用して不眠症を治療したいと思っていたけれど、病院に行くことが出来ない事情があるという人でも、このルネスタなら海外から輸入してくる事が出来るのです。今まで入眠障害などに悩んでいたけど病院に行けず薬が手に入らない、という風に思っていたのなら、ルネスタを利用して自分の病気を治療してしまいましょう。