TOP > 強い効き目が人気のアモバン

アモバンの効果・副作用

速やかに眠りにつけます

入眠障害の男

様々な不眠症の症状の中でも、多くの人が悩んでいる症状として「入眠障害」というものがあります。

この症状は「眠りたくても寝付けない」という、非常に特徴的な症状が現れる不眠症なのですが、この症状を治療する際には「超短時間型睡眠薬」と呼ばれる、服用して非常に早く効果が現れ、更に切れる際にも非常に短時間で効果が切れるものを服用する必要があります。

ですが、これらの超短時間型睡眠薬にも非常に多くの種類の薬が存在しているため、実際に治療を始めてみたいと思った時に「何を買えばいいんだろう」という風に迷ってしまうこともあるでしょう。

なので、今から入眠障害を治したいと思っている人は「有名な超短時間型睡眠薬の名称と特徴」を知りましょう。

最初に紹介するのは「強い苦味」という少々嫌な特徴がありますが、効果も強く、安全性も高い事から、利用者数が非常に多い超短時間型睡眠薬の「アモバン」です。

アモバンは「ゾピクロン」という成分が含まれている睡眠薬で、1989年に発売が開始された比較的歴史の古い睡眠薬です。古くから利用されているという信頼感もあり、今現在も非常に多くの人がこのアモバンを使用して不眠症の治療を行っています。

脳機能の抑制で眠りを誘う

アモバン

アモバンは「非ベンゾジアゼピン系」と呼ばれる睡眠薬です。

この種類の睡眠薬は、服用することによって脳機能を抑制させ、更に「ベンゾジアゼピン受容体」という部分を活性化させることによって、眠りに落ちる直前の頭がボーっとした状態を人為的に作り出し、非常にスムーズに眠りに入る事ができます。

そして、このアモバンは眠りを誘う作用以外に「抗不安作用」というものも持ち合わせています。

この作用というのは、人間が抱えている不安を取り除くための作用で、抗不安薬と呼ばれる医薬品にもこの作用を引き起こす成分が含まれています。

その為、アモバンを服用することにより、内部成分が脳に働きかけ、不安感や緊張感をほぐします。

そうすることによって心身共にリラックスした状態を作りだし、精神的な様々な要素が原因で不眠になっている人はより眠りやすくなります。そうでない人であってもリラックス効果によって、普段よりも眠りにつきやすい状態を作り出すことが出来るのです。

そして、アモバンは効果が現れるまでの時間も非常に長く、最高血中濃度到達時間は服用後1時間前後、薬効が少なくなる半減期までも4時間以内に到達する為、入眠障害のように「眠れない」ということに悩んでいる人にとっては、非常に良い睡眠薬なのです。

苦味に注意

薬を服用する女子

アモバンのような医薬品は用法用量をきちんと守ることによって、しっかりとした効果が発揮されます。

その為、服用する際には「どのようにして飲むのか」というのをきちんと知っておきましょう。

アモバンは「7.5mg錠」というものと「10mg錠」の2つのものが存在しています。

そして、服用する際は「就寝前に1錠服用する」という非常に分かりやすい服用方法になります。

ですが、年齢や症状によって服用上限量は変化するので、どれくらいの量を服用するのか、と言うのはきちんと医師に相談を行い、更に「1日あたりの摂取量は10mgを超えない」というのをしっかりと守るようにしましょう。

服用後、アモバン内部の成分が唾液などの体液に混合され、唾液に強烈な苦味を感じるようになる可能性もあるので、もし苦味が苦手なのであれば、口内に出た唾液を水で流し込めるようにしておく等、対策をとっておきましょう。

また、長期間継続して服用することによって「依存」という症状を示すことがあります。

この症状が出てしまうと、薬をやめる際に「離脱症状」というものが現れる可能性がある為、減薬と言う形で薬の摂取量を徐々に減らしていき、薬の服用をやめる必要がある、というのを覚えておきましょう。

病院以外からは買えない

個人輸入で購入できないことを指摘する医者

アモバンを使用して入眠障害の治療を行いたい、そう思った人の中には「個人輸入代行」というサービスを利用し、海外からアモバンを手に入れようと思っている人もいると思います。

ですが、残念な事にアモバンは輸入によって手に入れることが出来ない医薬品です。

その理由として、アモバンの含有成分である「ゾピクロン」というのは、法律によって「第三種向精神薬」という指定を受けていることがあげられます。

この薬成分が含まれる医薬品を海外から輸入してしまうと「麻薬及び向精神薬取締法」や「薬事法」という、薬物に関する法律に反してしまい、罰金刑や懲役刑などを課せられてしまうのです。

なので、もしアモバンを服用して不眠症を治療したいときには、必ず病院に行き、専門の医師に診察をしてもらい、その上で処方してもらうようにしましょう。

また、もしネット上の通販サイトなどでアモバンが販売されているのを発見した際も、購入手続きを進めていき、本当に購入できてしまった場合、先述の法律に反した購入を行ったことになってしまうため、万が一アモバンを購入できる通販サイトを発見したとしても、決して購入してみようとは思わないようにしましょう。