アモバンとデパス|うつと不眠症におすすめの睡眠薬

くすりの知識

不眠症に1番の対策は何か知っていますか?
それは、興奮している神経を鎮める事です。
睡眠薬や睡眠導入剤などでも鎮めることはできますし、軽度の不眠症の場合、日常生活を改善していくだけで治る場合もあります。
はじめにお薬を紹介していきます。
アモバンという睡眠薬です。
この薬はかなり効果が強く、不眠症の薬の中でもかなり強力な作用がある薬です。
この薬が誕生したのは1989年で、服用すると口の中が苦くなるというデメリットを持っています。
副作用も少なく安全性には非常に定評があるものとなっています。
不眠症の薬は4種類に分類されており、長時間型、中時間型、短時間型、超短時間型とあります。
アモバンは超短時間型のお薬であり即効性があり、体内に長くとどまらないことに特徴があり、服用後ほとんどの人が30分ほどで眠る事ができます。
作用時間は2~4時間と言われており、入眠障害の方にはおすすめのお薬です。
また、錠剤には半分に割れるように線が入っていて、半分だけ服用することもでき、半分でもかなりの効果が発揮されます。
副作用として稀に、意識がもうろうとしたり、夢遊病の症状がでたり、一過性の健忘症になる場合があります。
なので、服用するときは必ず寝る15分くらい前に服用してください。
服用してから立ち歩いたりすると、転倒して怪我をする原因となります。
このお薬の短所は、毎日の服用によって効果がなくなってしまうことです。
1ヶ月毎日服用すると、ほとんど効果がなくなってしまいます。
また毎日の服用によって、依存症状がでやすくもなります。
依存症状がでると、手が震えるなどの症状がでます。
それに気づいてスグに服用を止めようとすると、離脱症状がでることがあります。
離脱症状がでると、不眠になったり、頭痛や吐き気を伴う場合があります。
なので、こういった超短時間型のお薬を毎日服用は必ず避け、必要な時以外は飲むのを止めるのが原則です。
きちんと服用方法を守って使えば、あなたの眠りをきちんと助けてくれます。
服用される前は、専門家または医師に相談してからの方がいいです。
個人の判断で薬を使う事は危険を伴う行為であることは認識しておいてください。
寝れない原因は、神経が興奮状態にあるので不眠症になります。
日常生活では、カフェインのとりすぎやお酒などのアルコール類、タバコなどは極力控えるようにしてみてください。
それだけでもかなり変わってくると思います。