不眠症と睡眠薬

近年、睡眠障害の方が増えているようです。
睡眠障害とは中々寝付けない「不眠症」や、通常よりも過度に寝てしまう「過眠症」、寝ている最中に無意識に行動してしまう「夢遊病」など、正常に睡眠できない状態を指します。

睡眠障害となる原因はストレスや生活習慣、病気・怪我など様々で、最近ではうつ病を発症した方が不眠症となることが特に多いようです。
かくいう私の知人にも仕事のストレスからうつ病を発症し、それが元で不眠症となってしまった男性がいますが、通院し治療しているようです。

不眠症で通院すると大抵の場合は睡眠薬や睡眠導入剤が処方されるようです。
少し前ですとマイスリーやハルシオンといった睡眠薬が有名ですが、効果が強い半面、薬の効果が抜けきらないという副作用が強いことがネックでした。
最近ではこうした強い睡眠薬よりも、アモバンのように効果が早く抜けるものが特に人気のようです。

アモバンは主成分のゾピクロンが脳内の神経に作用し、気持ちをリラックスさせる効果がある睡眠薬です。
精神的なリラックス作用により、自然と眠りに落ち、正常時と同様の睡眠をとることが出来る薬ですが、その最大の特徴は薬の効果が極めて短いことにあります。
アモバンを服用し睡眠をとっても翌朝「眠い」「気だるい」といった従来の睡眠薬にありがちだった副作用が少ないのは、薬の作用時間が短いためで、これが人気に拍車をかけているようです。

また、他に人気の高い睡眠導入剤としてデパスが挙げられます。
デパスは抗うつ剤・精神安定剤として世界的に知られている医薬品ですが、睡眠導入剤としても有名です。
デパスには「心身の緊張をほぐし、緩和させる」という効果があり、抗うつ剤の他に、腰痛などの筋肉のほぐすための薬としてや睡眠導入剤としても処方されているようです。
元々は抗うつ剤ですので、うつ病で不眠症になった方には特に効果的と言えるのではないでしょうか。

とはいえ、睡眠薬を利用して不眠症を治療したとしても、原因を突き止め改善しない限りは再発する可能性が常につきまといます。
不眠症の根治を目指す場合はストレスなどの原因を排除することが最も有効であることを覚えておきましよう。